ブックマーク
Messy Scenes on TV 関西版 TVO「勇者ヨシヒコと魔王の城」#5、2011年8月8日放送(HV)

Messy Scenes on TV 関西版

【お知らせ】ブログの場所を移転しました。詳細は最新記事をご覧ください


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVO「勇者ヨシヒコと魔王の城」#5、2011年8月8日放送(HV)

テレビ大阪8月8日放送(テレビ東京では8月5日放送)のドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」第5話にて、登場キャラクタのムラサキ(木南晴夏)が泡パイを投げられるシーンがありました。こすりつけるようにぶつけたため、泡パイとしては顔全面にべったり広がる付着です。

ドラマにパイ投げが出てくる場合、本筋とは関係しないところで使われることが多いと思いますが、このドラマでは、話のクライマックスシーンに関わるアイテムとして使われていた点が特徴的かもしれません。

大雑把なストーリーとしては、勇者ヨシヒコの一行が「無敵の靴」を求めて「オイッスの村」を訪れたところ、村は(ドリフのパロディキャラを思わせる)5人組の男によって支配されていて、村人に笑いを強要しています。

村内を探っているうちにムラサキが人質にとられ、ヨシヒコたちは5人組のリーダーからこの女の顔に毒入りパイをぶつけて即死させるという脅しを受けますが、ヨシヒコはぶつけて構わないと冷静に言い放ち、結局ムラサキは顔にべったり泡パイをぶつけられる羽目になってしまいます。

実はヨシヒコは「笑いがないとダメだと考えている人が人を殺せるわけがない」ということからパイに毒など入っていないことを見抜いており、その態度に敬服したリーダーは「無敵の靴」をヨシヒコに託す、というものでした。

b110811_001.jpg b110811_002.jpg
b110811_003.jpg b110811_004.jpg
b110811_005.jpg b110811_006.jpg
b110811_007.jpg b110811_008.jpg
b110811_009.jpg b110811_010.jpg
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。