ブックマーク
Messy Scenes on TV 関西版 地上アナログ放送終了について

Messy Scenes on TV 関西版

【お知らせ】ブログの場所を移転しました。詳細は最新記事をご覧ください


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上アナログ放送終了について

番組情報ではなく、テレビ放送全般についての話題です。

2011年7月24日正午をもって、岩手県・宮城県・福島県を除く都道府県で地上アナログ放送が終了しました。

以下はあまりPRされていませんが、地上波を有線(ケーブル)で受信している視聴環境の方で、7月24日の正午以降、地上アナログ用のテレビで従来のチャンネルを表示して、右肩に「デジアナ」という文字が表示されて番組を視聴できる場合、お使いの地上アナログ用のテレビは2015年3月頃まで一切の追加機器なく現状のまま利用できます。ただし集合住宅などで設備の管理者がテレビ受信環境に変更を加えた場合には上記の限りではありません。

b110724_023.jpg b110724_024.jpg

これは、ケーブルテレビやフレッツ・テレビ(NTTが提供するケーブルテレビのようなサービス)・eo光テレビなどが実施している「デジアナ変換」サービスによるもので、2015年3月頃まで、地デジ放送を従来のアナログ放送の信号に変換して加入家庭に届けることになっています。仕組みの詳細は、J:COMフレッツテレビeo光テレビなどの説明や、「デジアナ変換」で検索してみてください。

特にアパート・マンションなどでは、ふだん意識していないが実は地上波がケーブルテレビ経由で来ているという事例もありえます。買い換えを避けたい場合、念のため、現在の視聴環境が「デジアナ変換」に対応しているかどうかを確認したほうがいいかもしれません。ただし録画に関しては、純粋なアナログ放送とは異なる制限が加わります(eo光テレビ説明ページの「デジアナ変換での録画・ダビングに制限が加わります」の項目など参照)。

地上アナログ放送終了に伴う当ブログに関連する事柄としましては、当面、KBS京都の番組を直接確認することはできなくなりました。現在利用しているフレッツ・テレビは、大阪府内の加入者向けにこれまで地上アナログのKSB京都を再送信(放送)していましたが、地デジのKBS京都は再送信しないためです(過去に地デジのKBS京都の番組を取り上げた事後記事がありますが、それらはフレッツ・テレビ加入以前に直接アンテナで受信していた頃のものです)。

b110724_025.jpg b110724_026.jpg

KBS京都はたまに舞妓関係の番組があったりしますが、もし何かありましたら、ご覧になれる方からの情報をお待ちしています。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。