ブックマーク
Messy Scenes on TV 関西版 NHK BShi「TAROの塔」#1、2011年2月25日放送(HV)

Messy Scenes on TV 関西版

【お知らせ】ブログの場所を移転しました。詳細は最新記事をご覧ください


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK BShi「TAROの塔」#1、2011年2月25日放送(HV)

NHKのドラマ「TAROの塔」第1話(BSハイビジョンで2月25日先行放送)にて、寺島しのぶ演じる岡本かの子が、子ども時代の岡本太郎に絵を描かせる場面で、自分の顔の額から顎のあたりにかけてSの字状のような形で赤い絵の具を塗っていました。

以下は、毎日新聞の記事からの引用です。

岡本太郎に多大な影響を与えた母・かの子を熱演した寺島しのぶさん(38)は、1話で太郎に絵を描かせるシーンで「台本には(かの子が絵の具で)太郎の顔を赤く塗ると書いてあったんですけど、どうしても自分の顔を塗りたくなっちゃった。(監督のOKが出て)一発勝負で描いたんですけど、意外とアーティスティックに描けて、ちょっと自画自賛という感じです」と笑顔で明かした。

このドラマは、スタッフブログの記事に「実際のかの子さんは、いつも顔を真っ白に塗っていることで有名でした。一体「TAROの塔」ではどうなっているのでしょうか」(引用)とあったので一応チェックしてみましたが、メイクについては真っ白というほどではありませんでした。

明日(2月26日)、地上波のNHK総合でも放送されます。(HPのゲストブックでもお知らせいただきました。ありがとうございました。)

b110225_019.jpg b110225_020.jpg
b110225_021.jpg b110225_022.jpg
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。